サンタクロース亭のこだわり

店舗命名の想い

サンタクロースは袋を担いでいます。ドロボーも袋を担いでいます。
ドロボーは人からモノを奪って袋にいれます。
サンタクロースは袋からプレゼントを出して人に喜びを与えます。
私たちはサンタクロースになりたいと思います。

サンタクロース亭のカレー

私たちのウリは、スピードです。
誰しもお昼ご飯を食べる時間は限られています。
私たちは、できるだけお客様にお昼休みをゆっくりとってもらえるために、提供時間の短縮するための努力をします。

オリーブスパイスカレー誕生の秘密

サンタクロースは世界中の子どもたちに、夢と共に素敵な贈り物を届けてきました。
その対価を伴わない無償の行為こそが、今の社会で一番求められているのではないかと思い、私たちのお店を「サンタクロース亭」と名付けました。

サンタクロース亭は、おいしく食べて頂くことはもちろんのことですが、同時に健康で笑顔になって頂きたいと思いました。
誰もが健康になれる食材を使う。そこから生まれたのがオリーブスパイスカレーでした。

オリーブにはいろいろな病気を予防する豊富なポリフェノールをはじめ、様々な有効成分が含まれています。
オリーブの実から搾ったオリーブオイルは赤ちゃんのお乳や、病気・ケガなどのお薬として、そしてまたある時は燃料として、長い間人間にはなくてはならないものとして使われてきました。
コレステロールを下げる効果、便秘解消効果、ダイエットに効果的です。

旧約聖書にあるノアの箱舟の物語の中にもオリーブが登場します。
「神が起こした大洪水のあと、陸地を探すためにノアが放った鳩がオリーブの枝をくわえて帰ってきたので、これを見たノアは洪水が引き始めたことを知った」
これによってオリーブは春の訪れや平和を象徴するものになりました。

また、オリーブの樹は生命力の強さで知られています。
地中海沿岸では樹齢3000 ~ 4000 年の大樹もあり「生命の樹」とも呼ばれています。

素材へのこだわり

お米はこのカレーとの組み合わせに最適にするため、ルーがお米とお米の間に浸透しやすいよう粘りが弱めでなおかつ大粒の品質を選びました。すべて新潟から直送したものを使用します。

こだわりのトッピングはカツのみ!

カツの素材となる豚肉は、チルド保存されています。
チルドとは冷蔵で最も温度の低い0度から1度で保存され、凍らない温度設定で豚肉の鮮度を保っているのです。
毎朝、必要な分だけカットするので常に新鮮で美味しい豚カツが提供されています。

こだわりの二度揚げ

自慢のカツは、「こだわりの二度揚げ」です。
最初は低温で揚げ、余熱でカツの中身に熱を通して旨みを逃がさず、その後は高温でカラリと二度揚げ。
いつでも「表面カラッと中身は柔らかくジューシー」な状態でご提供します。